ビタミンについてご紹介!

私たちが普段口にする食事には、さまざまなビタミンが含まれています。

ビタミンは全部で13種類あり、もちろんそれぞれに違った役割がありますが、
共通しているのは「体の調子を整える」ということ。
ビタミンが足りなくなるとビタミン欠乏症になり、体にさまざまな不調が起きてしまいます。

13種類のビタミンを大きく2つのジャンルに分けると、
脂に溶ける「脂溶性」と水に溶ける「水溶性」になります。

脂溶性は脂と一緒に摂取することで吸収率が上がり、
体外に排出されにくい反面で摂りすぎると過剰症になってしまいます。
脂溶性のものはビタミンA、D、E、Kの4種類。

反対に、水溶性は尿などと一緒に体外に排出されやすいため、体の中に溜めておくことはできません。
脂溶性以外の9種類のビタミンが水溶性になりますから、ほとんどのビタミンは水溶性、
つまり体の中にとどめておくことができない成分と言うことになります。

基本的には「ビタミンは体に良い物」という認識で問題はありませんが、
脂溶性で記載した通り摂取しすぎると過剰症になってしまいます。

摂取の目安ですが、農林水産省のホームページに年齢別の必要エネルギー量と
その内訳について記載されているページがあるため、確認して正しい量を摂取するよう心がけましょう。

また、妊婦さんには年齢に応じて摂取するエネルギーに加え、
葉酸というビタミンを多く摂取することが勧められています。

葉酸は水溶性のため体に蓄積することができないのですが、
妊娠初期の胎児の成長に欠かせない成分な上普段の食事では必要量を摂取することが難しいとされているため、
意識して摂るよう心がけましょう。